焼き小籠包自由が丘食べ歩きに最適『大山生煎店』

美味しいものが大好き!
お得なランチもめっちゃ好き!!ひまわりです。
今日は自由が丘にお買い物にきたら必ず夜お店自由が丘駅から迷わずにたどり着けば徒歩5分のお店『大山生煎店 』を紹介します!
住所

東京都自由が丘1丁目4−6

東急田園都市線
自由が丘駅 徒歩5分

スポンサリング

焼小籠包(生煎/シェンジェイ)って何?

生煎は上海を代表するローカルフードです。老上海時代に、ある一族がお茶屋の点心としてはじめ、1930年代に専門店が生まれました。大きな鉄鍋で焼きあげた生煎はモチモチ&カリッとした皮、アツアツのスープ、ジューシーな肉あんが特徴です。大山生煎店の生煎は、ルーツの一族の味をいまに受け継ぐ上海の老舗人気店「阿三生煎館」の貴重な門外不出の秘伝のレシピを日本人としては初めて伝授してもらい現地の美味しさを提供してくれているそうです。
一個120円というのがお手頃でフラット立ち寄りたくなります。
スポンサリング

黒酢でいただく焼小籠包が美味

開店時間にあわせてお店に着くとすでに列ができていることが多いです。やはり人気店!
気取らずに入れるので子連れの時にもよく行きます。店内でいただくことができますが長居するお客さんもいないので割とすぐにお店に入れます。熱々の出来立ての焼小籠包をパクっとほうばると必ず火傷しますのでそこは要注意!ほんの少し生地の部分をかじり少し待ってから汁を吸います!!う〜んたまらん。上海のローカルフード・・・ってことは中国からの輸入品??とちょっと心配になりませんか?私はなったんですよねですので調べました。
”使用してるお肉は100%国産豚です。品質が安定するように鹿児島産と茨城産の二種類をミックスして使っています。小麦粉は本場の生煎の味を再現するために多くの小麦粉を試した結果、日清製粉の最高級の小麦粉を使っています。”とのこと安心していただけそうですね。
食べ方の続きですが、汁を吸ってしまえばアツすぎて火傷となることは回避できるので、はいお待たせいたしましたここでようやくパクッとお口に頬張り味わい尽くしてください。まずは何もつけず、二個目は黒酢をつけて、3個目はご自由にという食べ方がオススメです。

汁なし担々麺は山椒が効いてます

汁なし担々麺もこちらの人気メニューです、私は辛い物が得意でないのですがあまりにも皆さんが美味しい、美味しい、とおっしゃっているのを聞いて食べたことがあります。山椒の風味がきいていて独特な風味が口に広がります。この風味すきです、癖になりそうですがやはり私には辛く・・・完食できませんでした。辛い物が得意でない方は、辛い物が好きなお友達と行き一口分けていただくことをオススメいたします。ってことでお子さまや辛い物が得意でない方は、鳥と中華粥に干しエビをお召し上がりください。
スポンサリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です